債務整理後の生活はカードを持てない?|必読

  •  
  •  
  •  

債務整理後の生活はカードを持てない?|必読

債務整理後の生活はカードを持てない?|必読

銀行や信用金庫、消費者金融に信販会社・・これらは顧客獲得競争を繰り広げるライバルです。ですが、一方で間接的に繋がっているのです。

 

それは信用情報の共有です。顧客獲得を目指しているとは言え、誰にでも融資していれば回収率は下がりますし、そもそも健全とは言えません。

 

債務整理をしたり、返済において事故歴のある者をチェックする必要があるのです。

 

その為に同じ信用情報機関を利用して照会を行うのです。ある消費者金融の負債を債務整理して、その後全く別の信販会社のクレジットカードに申し込んでも審査に通らない理由がこの点にあります。

 

債務整理を行うと、クレジットカードはもちろん各種ローンが組めないというのが現実です。

 

では未来永劫絶対にクレジットカードが持てないのかと言いますと、そんなことはありません。

 

一定の期間を経過すると、過去の情報は抹消されるのです。その期間は一般的には7年が目安とされています。

 

これは各信販会社のよっても多少変化していきます。

 

同じ信販会社やグループ企業での債務を整理した経験があれば、信用情報機関の情報が抹消されてもデータは残っています。

 

逆に、顧客獲得を優先している場合は7年を待たずして前倒しで発行を行う場合もあります。

 

>>自己破産

 

メニュー

 

債務整理後のカード使用に関して説明します。カードが作れないか心配している人は是非チェックしてみて下さい。

 
レンタルサーバーとは livechat.ooh.jp