債務整理のデメリットが知りたい<必読>

  •  
  •  
  •  

債務整理のデメリットが知りたい<必読>

債務整理のデメリット

債務整理を行うことによって、借金を免除してもらったり、借金の額を減らすことができます。

 

しかし、一方で債務整理には様々なデメリットも存在します。

 

借金の額が大きく、普通に支払いをしていては完済の目処が立たないという場合には、自己破産や個人再生が選択されます。
これらは借金の全額、またはほとんどを免除してもらうことができますが、一方で申し立てをした人も大きなリスクやデメリット抱えることになります。

 

まず、自己破産や個人再生を行うと官報に氏名住所が記載されてしまうので、友人、知人に手続きをしていることが知られてしまう可能性があります。

 

さらに手元に残せない財産は全て競売にかけられてしまうため。住宅などの競売情報からもあなたが自己破産や個人再生を行っているということが分かってしまいます。

 

また、自己破産や個人再生のもうひとつの大きなデメリットは、財産の多くを失ってしまうということです。

 

自己破産の場合は20万円まで、個人再生の場合は圧縮された債務の額を超える財産は手放すことになります。
持ち家や自家用車、返戻金のある保険などが処分の対象になります。

 

持ち家に住んでいた方などは生活環境が激変することになるため、精神的な負担も大きなものになるでしょう。

 

次に債務整理2回目となるとどうなるのでしょうか・・?

 

メニュー

 

債務整理のデメリットについて書いていきます。債務整理について知りたい人は、一つの参考としてチェックしてみて下さい。

 
レンタルサーバーとは livechat.ooh.jp