債務整理の種類【個人再生の特徴】

  •  
  •  
  •  

債務整理の種類【個人再生の特徴】

借金の問題を解決できる債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理といった方法があります。
借金の問題を解決する事のみで考えれば、借金の支払い義務が無くなり実質的に借金はゼロになる、自己破産が1番効果は大きいと言えるでしょう。

 

しかし自己破産を行えば家などの財産がある場合、債権者に配当する為に財産は差し押さえられてしまいます。
一方、個人再生と任意整理は家などの財産を維持しつつ借金を整理できる為、自己破産のようなデメリットはありません。
また個人再生の場合、住宅ローンを維持しつつ他の借金は整理できるので、マイホームを持っている方にメリットが多いとも言われています。

 

ただ任意整理は実際に引き直し計算を行わないと、どのくらい借金が減額されるか分からず、いざ計算してみたらそこまで借金は減らなかったという
ケースがあるようです。

 

個人再生は任意整理のように、借金の減額が少ないという事はありません。

 

個人再生の場合、借金の額により減額される金額も決まっている為、必ず借金が圧縮されますよ。
例えば1500万円から500万円以内の借金なら、5分の1にまで借金は減額されます。

 

ですので任意整理ではあまり借金が減らなかったという方も、個人再生なら金銭的な負担を軽減できるのです。

 

このように個人再生は自己破産や任意整理にはない、メリットがあると言えるでしょう。

 

メニュー

 

債務整理の種類について書いていきます。このページで紹介するのは個人再生です。借金解決の手段として、個人再生を視野に入れている方はご覧になってみてください。

 
レンタルサーバーとは livechat.ooh.jp